実は豊富な「和」の文化ー新宿区

新宿のイメージ

多くの人が新宿のイメージというと深夜までお店が開いていることから眠らない街と思われたり、少し怖いイメージを持たれたりということが多いです。
そのため飲みに行ったり買い物に行ったりということがメインであり、そういった形での観光名所と思われることが多くあります。

しかし、実は昔ながらの街が広がっており、江戸を感じる観光をすることもできる場所でもあるのです。
そこでここでは昔ながらの江戸を感じることができる新宿の観光スポットを紹介していきます。

東京染ものがたり博物館

名前の通り染め物についての博物館です。
江戸の人々の着物を作るため、都内にはたくさんの染色業者がありました。
その中の一つが早稲田に残っており、東京染小紋(そめこもん)と江戸更紗(さらさ)というものを製造していました。

この博物館では現代でも伝統技法を守って江戸っ子が楽しんでいた粋な柄を楽しむことができます。
歴史を知るだけでなく、小紋の型付けをしたり染め物体験をしたりということも可能です。

お茶の心を伝える愛国製茶

茶の心を伝えるために、戦前に高田馬場に創業したお茶専門店です。
今では全国から選りすぐりの日本茶を取り揃え、百貨店での販売をするだけでなく飛行機内の機内サービスや宮内庁といった場所でも愛飲されています。

昔ながらのお茶を正しい形で楽しむという経験はなかなかできないものです。
日本人として正しいお茶を味わう機会を設けることは貴重です。
そのような機会を東京都内で設けることができるのは不思議な感覚でもあります。

お茶の楽しみ方として従来のお茶にとらわれない形で楽しむことができるのもこのお店の魅力です。
お茶を使ったスイーツは人気で多くの人がお土産として購入をしています。

日本料理のすばらしさを伝えている車屋本店

日本人として生まれても、伝統的な日本料理を食べたことがあるという人は決して多くはありません。
四季を感じながら美しい日本料理を食べることができるのが、この車屋本店です。

代々受け継がれてきた味と技術と真心で作られる日本料理は大切な日の食事にするのはもちろん、日々頑張っていることへのご褒美としても、日本文化を知るためのきっかけとしても、いろいろな場面で楽しむことができます。
このお店の面白いところは1階では手軽にランチセットを、個室では本格的な日本料理を食べることができ、地階では車屋流アレンジがされたフランス料理を食べることができる点です。
そのため外国人を連れての食事で完全な日本料理は食べることが難しいという人にはこのようなアレンジされたフランス料理がオススメです。

新宿探検をするなら「WEバス」

新宿は観光するところがたくさんある

新宿というと多くの人は新宿駅を想像します。
確かに新宿駅は日本を代表する有名スポットの一つです。
多くの人が行き来する新宿駅の光景や商業施設は外国人観光客も多く立ち寄って居ます。

しかし、観光名所というのはここだけではありません。
他にも色々と名物となる場所があり、そういったところも巡るとただ今時な東京の街だけでなく古い江戸情緒を感じることができる地域もたくさんあるのです。

東京環境に便利なWEバス

WEバスというのはコミュニティバスのことで、新宿駅周辺にある観光スポットや商業施設を巡る循環型のバスです。
なんと運賃は100円であるため、とてもリーズナブルにそしてバスで簡単に移動することができます。

バスを乗るにあたっては一度乗るだけでなく何度も乗るという時にはパスポートを購入しての乗車がオススメです。
300円で一日乗車券が購入できるので、新宿駅周辺をいろいろなルートで巡ることができるので一日で新宿界隈にある有名地域は巡ることができます。

それ以外にも車で新宿までくるという人は、WEバスにリーズナブルに乗ることのできるパークアンドバスライドチケットを利用することもできます。
これは都庁駐車場に車を停車してからWEバスを利用すると8名までが400円でバスに乗れ、また車の駐車ができるというサービスです。

WEバスで観光できる地域

WEバスに乗車をすれば新宿界隈の地域を一通り巡ることができます。
バスからも新宿の町並みを見ることができるので、移動中も景色を見ながら楽しむことができます。

このバスの面白いところがバスの屋根部分がガラス窓になっているということです。
これは高層ビルが立ち並ぶ新宿ならではのもので、窓からは覗ききれない景色を見るために天井がガラスになっているのです。
そのため、子供達でもバスが走っている間いつもとは違った形で景色が楽しめることで座って移動を楽しめます。

バスはルートが3種類あります。
そこで、行きたい方角に応じて乗るバスを決めるのがオススメです。
もちろん、目的なくただダラダラと載って居ても十分外の景色が色々と流れていくのを見て居ても楽しめます。

高層ビル群が見えて居たのに突然公園が現れるという景色は世界的に見てあまりあるものではありません。
また、昔ながらの歌舞伎町の商店街の様子を見るのも高層ビルとの対比が面白いです。
こういったありそうでなさそうな景色を見ているのも十分楽しめますし、気になる場所があればバスを下車をして実際に脚を運ぶということもできます。

観光バスと違い、路線バスであるために自由に乗降できることはとても便利な点です。
自分の巡りたいよう、活用したいようにWEバスを利用して新宿観光を満喫しましょう。

映画を楽しむー新宿区

実は映画の街、新宿

新宿というと歓楽街というイメージが強くあります。
夜遅くまで飲んだり、友人と買い物をしたりというために新宿に来るという人も多いです。
最近では外国人が横丁を楽しむために来るということも増えています。

しかし、そのような新宿で最近新たな動きが出ています。
それが映画の街としての取り組みです。
実は新宿には映画館が多くあり、世界有数のエンターテイメントの街にふさわしい幅広いジャンルの映画を鑑賞できる場所となっています。

充実のシネコン

映画館といえば最近ではシネマコンプレックスと言われる大型施設が増えています。
このような施設であればスクリーンが大きく常にたくさんの映画が公開されているため、見たい映画がなくても映画館に行けばタイミングよく映画が見られるというほど充実したスクリーン数です。

そして、このようなシネマコンプレックスの特徴として色々なシートがあります。
カップルで楽しむことができるシートやゆったり座れるサイズ大きめなシート、それ以外にもフード類も充実して居ます。

中には完全プライベートで映画を楽しむことができるプラチナシートを完備しているという映画館もあり、楽しみ方はどんどんと広がっている状況です。
特に情報発信地である新宿はより最先端な映画館がどんどん誕生して居ます。
最近の映画館はファッションやアートも一緒に楽しめるように、空間デザインも素晴らしいものが多いです。

昔ながらのミニシアター

映画といえば昔ながらのミニシアターです。
ミニシアターの魅力といえば、常に新作が見られるわけではなく、マイナーな映画や旧作の上映といったこともして居ます。

ミニシアターと聞くと狭くて汚い印象を持たれがちですが決してそのようなことはありません。
女性一人でも十分に映画館に入って映画を楽しめるような新たなリノベーションされている映画館も多くあります。

映画館によって取り扱っている映画の種類が豊富なのも魅力です。
アジア映画や韓国映画を中心に取り扱っていたり、音楽映画を取り扱って居たりと普段の映画館では見られないような映画を上映しているというシアターも多くあります。
このような知る人ぞ知るミニシアターはコアなファンが多くおり、実は全国から映画館に脚を運ぶ人もいるのです。

最近ではレンタルDVDも手軽に借りられますし、自宅でもホームシアターや音響設備が整っているところも多いです。
そのため映画館に行く必要がないと思っている人もいます。
しかし映画館で観るからこそ感じ方が違うものもたくさんありますから、ぜひミニシアターにも足を運んでみましょう。

清瀬市で食べられる絶品グルメ

清瀬は色々と食べ物に困らない場所

清瀬駅の周辺は色々な施設があるので食べ物に困ることはありません。
そもそも東京都内でありながら、市内の4割の場所は農地です。
そのため地元でもたくさんの野菜が収穫できます。

また、清瀬駅というのは商業施設や複合施設もありますからそのような施設内にも色々な飲食店があります。
そして、無借りから看護大学、医療研究所、病院といった医療機関施設、警察署や図書館といった公的施設が立ち並んでいたために人が多く訪れる地域でもありました。
そのような名残から、今でも飲食店が多く立ち並んでいるのです。

清瀬のおすすめ飲食店

清瀬駅周辺で飲食店をインターネットで調べると色々なタイプのお店が出て来ます。
そのため何か食べたいと思ったとき食べたいジャンルのお店を見つけられることがほとんどです。

その中でも特に人気なのが駅からすぐのところにあるみゆき食堂です。
お店のいでたちからすぐにわかる、地元の人が愛する名店といったいでたちのお店は定食屋で豊富なメニューから好きなものを食べることができます。

有名なグルメ番組でも紹介されたこともあり、連日多くの人がお店に足を運んでいます。
ボリューム満点でなおかつ美味しい、安いと三拍子揃っているのは昔ながらの定食屋さんで多くの人がお腹も心も満たされること間違いなしのお店です。

また、このお店では定食だけでなく単品メニューの注文ができます。
そのため定食屋さんの美味しいおかずをアテにしてアルコールを飲むという通な楽しみ方もできるのも魅力です。

お店のメニューとして有名なのがテレビでも取り上げられたスパゲッティー田舎です。
味は美味しいですがボリュームが多いので色々と食べたい人は多目の人数で訪れるのがおすすめです。

昔ながらのおしゃれな喫茶店

昔ながらのおしゃれな喫茶店でのお茶やモーニングが楽しめるのがるぽです。
このお店は清瀬界隈ではとても有名なお店で、古き良き昭和の雰囲気を楽しめるお店です。

お店の営業形態は昔なバラの正統派喫茶店であり、純喫茶と言われるタイプのものです。
外観も洋館でありステンドグラスが組み込まれている天井の高い建物で、昔ながらの喫茶店気分が味わえます。

メニューが豊富であるために喫茶店でありながらしっかりとランチやディナーまで楽しむこともできます。
特に人気のメニューはハンバーグで肉厚なハンバーグと添えられているトマトとを一緒に食べるのは最高の組み合わせです。

公共交通機関では清瀬駅からバスに乗る必要があります。
しかし、駐車場スペースも多いので、車で訪れることも可能です。

特産・名物を楽しむー清瀬市

清瀬は農産物が自慢の地域

東京都でありながら、清瀬氏では農業が盛んです。
都内トップクラスの農業は生産された野菜が小中学校の給食食材として用いられていたり、地元の直売所でも販売されています。

最近では食の安全が叫ばれています。
このような直売所で直接生産者の顔を確認して購入できるというのはとてもありがたいことで地元の直売所は常に多くの人で賑わっています。

また、このような農業風景のある地域を守ろうという運動も盛んです。
どうしても日本国内では高齢者が増えていることで農耕地が減少傾向にあります。
今まで農業の担い手だった人たちが相次いで引退をしているためです。

しかしながら、清瀬市でも同じように農地や農業人口が減少しているものの、できるだけこの状態を維持しようと地元では積極的に農産物を生産続けようと取り組んでいます。
市内の農業がある風景を守ろうという取り組みがされているので、さらにブランド野菜の製造についても積極的に取り組んでいます。

にんじんは東京一の生産量

清瀬は東京で一番にんじんを生産している地域です。
特にブランド嗅がされている清瀬産のベータキャロットは色素が濃くにんじんの芯まで赤いのが特徴です。

ベータカロテンが豊富であるために他のにんじんよりも栄養価が高いです。
甘くてにんじんの臭みも少ないですから、ニンジンが苦手という人でも食べやすいのが特徴です。

そのまま食べることができますし、煮物で食べることももちろん美味しいです。
しかし、ニンジンそのものの美味しさを感じるためにもジュースやサラダといった生で食べ見て欲しいにんじんとなっています。

にんじんが苦手な人は加工品を食べるのもおすすめ

にんじんが名産と聞いても、にんじんが苦手な人はなかなか手が出せないものです。
そこで、もしもにんじんを食べるのが苦手という人は加工品を食べるという方法もあります。

にんじんを使って作っているジャムはにんじんが苦手な人でも食べやすい甘い仕上がりになっています。
りんごやレモンを加えているので、にんじんが苦手な人でも食べられるのです。
そのままトーストに塗って食べるのもおすすめですが、手軽にヨーグルトに混ぜて食べるのもおすすめです。

それ以外にもにんじんを素材とした焼酎もあります。
これは数量限定で市内の酒店で販売されているのでレアなお土産としても人気です。

歴史・文化を楽しむー清瀬市

清瀬の歴史や文化

清瀬市にある清戸という地名は日本武尊(ヤマトタケルノミコト)の東国遠征時の逸話が由来と言われています。
柳瀬川流域にはそのような太古の人々の営みがあり、このような歴史が清瀬の中にも色々とあるのです。

清瀬には色々な土地があります。
そこで地域ごとに歴史があり、色々と楽しむことができるのです。

清瀬市の歴史

清瀬市の歴史を感じられるものといえば、色々なお祭りがあります。
昔清瀬では養蚕業が行われていたので、その年の豊作を願って行われてきた繭玉飾りという行事が1月にあります。

この行事では米の粉を練ってまゆの形や野菜の形にした団子を作ってみかんとともにコナラ、カシといった木にさしてまゆ玉の木を作り、お神酒といったものといっしょにお供えをする行事です。
ただし、このお供えの内容というのは多少家庭ごとに違うので、それを見て回るのも面白いです。

春になると咲くとさくらまつりが行われます。
柳瀬川周辺に伸びる台田運動公園の脇には200本近くの桜が植えられています。
そのため、満開のシーズンとなれば桜のトンネルが広がります。
桜の近くを散歩するのも春の楽しみとして趣深いですが、それ以外にも公園にお弁当を持っていって食べるのもおすすめです。

同じく春に行われるイベントとして上清戸神輿があります。
これは御神体が埼玉県の上尾市にある八枝神社にあり、獅子頭を崇拝する人たちが行なっているものです。
けやき通りの式街道を練り歩くお祭りです。

9月に行われる中里の火の花祭りは東京都指定無形文化財であるお祭りです。
午後6時頃から始まり、9時頃に祭りのクライマックスイベントであるお焚き上げが行われます。
お焚き上げというのは富士山をかたどって積み上げられた麦わらに火をつけて、その灰を持ち帰って間口に撒くと火災予防や魔よけといった効果があるというものです。

文化財を楽しむ

清瀬市の歴史や文化を知るためにはお祭りに足を運ぶだけでなく文化財を見てみるという方法もあります。
市内にはたくさんの文化財がありますから、そういった施設の説明を読むことで歴史を知ることができます。

有形民俗文化財、無形民俗文化財といったものが色々とあります。
例えば、清瀬市指定有形文化財の旧森田家は武蔵の文化を伝える古民家であり、今でも見学が可能です。
ただし、見学にあたっては見学希望の旨を申し出て事前に申し込み手続きをしなければなりません。